アトピーってそもそも何なの?

アトピーは子供だけではなく、大人でもなってしまうものです。急に出てきてしまう可能性もあるので、注意しなければなりません。
そもそもアトピーはお肌に損傷を与えてしまいます。見た目にも大きな影響を与えてしまうのです。

今回はそもそもアトピーとは一体どのようなものなのか?といったことについて明らかにしていきます。アトピーになってしまったとしても、しっかりと理解していれば恐れることはありません。あとは対策方法を考えていけば良いのです。

アトピー性皮膚炎ってなんだ?

・皮膚の疾患である

申込し詳しく説明すると、「痒みを伴う湿疹が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、長期的に続く皮膚の疾患」となります。注目して欲しいのが、「痒みを伴う」「長期的に続く」といったところです。

単に湿疹があるだけではなく、痒みが発生するので皮膚に影響を与えてしまうのです。ひどい状態になっている方も少なくありませんよね。さらに、一過性のものではありません。一度アトピー性皮膚炎になってしまうと、長期的に続いてしまうのです。

・アトピーの程度とは?

乳児期に2ヶ月以上痒みのある湿疹が続いている
乳児行き以降であれば6ヶ月以上痒みのある湿疹が続いている

上記の2つのいずれかに該当した場合はアトピーと判断されます。

アトピー性皮膚炎はアレルギーなのか?

・アレルギーの一種と考えられている

アトピー性皮膚炎はアレルギー性鼻炎や食物アレルギーなどと同じく、アレルギーの一つとして考えられています。
ただし、アレルギー以外の部分も関わっているとされているので、なかなか考え方として難しい、といった特徴を持っているのです。

アレルギーが原因であった場合には、ダニや食べ物といったものが関わっている可能性があります。さらに花粉などが関わっている可能性もあり、環境に大きく影響を受けます。

一方でアレルギーが原因出なかった場合には、ちょっとした乾燥や冷たい風が皮膚に当たる、といったことでもアトピーになると考えられています。衣類の素材やストレスが関わっていることもある、とされているのです。

アトピーについては人それぞれ様々な原因が考えられており、すぐに解決できるものではない、というのが正直なところです。



アトピーになりやすい人とは?

アトピーになりやすい人もいれば、なりにくい人もいます。では、実際にどのような人がアトピーになりやすいのでしょうか。

家族にアトピー性皮膚炎の人がいて自分もなるのではないか、と思っている方もいるでしょう。こちらで確認していってくださいね。

アレルギー体質である

・家族にアレルギー体質の人が言えるとアトピーは発症しやすい

アトピーに関しては大人になってから発症するケースも有りますが、基本的に赤ちゃんの時や子供の時に発症しているのです。要は先天的になりやすい体質、といったものがあると考えられるのです。

親や兄弟がアレルギー体質であれば、アトピーになる確率が高まってしまいます。

注意して欲しいのが、家族にアトピー性皮膚炎の人がいたらアトピーになりやすい、というわけではないところです。アレルギー体質の家族がいた場合にアトピーが発症しやすい、といった特徴があります。

たとえば、親が花粉症であった場合、食物アレルギーがあった場合に関しては、子供にアトピーが発症する確率が出てくる、というわけなのです。アレルギー体質が引き継がれてしまうことで、アトピーの発症率が高まる、といったことは理解しておかなければなりません。

親御さんは自身にアレルギーが有る場合には、子供にも影響が出てくる可能性がある、といったことは理解しておく必要があります。肌などを定期的にチェックして、問題があった時にすぐに対処できるようにしましょう。

ストレスが高まりやすい

・ストレスは免疫システムに問題を生じてしまう

アレルギーは免疫の疾患でもあります。免疫が誤作動を起こしてしまい、鼻水が止まらなくなってしまったり、くしゃみが止まらなくなってしまったり、鼻が詰まりっぱなしになってしまうのがアレルギー性鼻炎です。また、免疫疾患の一つには円形脱毛症もあります。身体に対して重要な働きをしている免疫に問題が発生してしまうと大変な状態になってしまうわけです。

その免疫システムですが、実はストレスによって影響を受けることが分かっています。ストレスが高まっている状態が長期化してしまうと、免疫疾患が起きやすいのです。ですから、ストレスが高まりやすい方はアトピーになりやすい条件が揃っている、といったことがいえます。



アトピーってどんな症状なのか?

アトピー性皮膚炎ですが、肌に大きな損傷を与えてしまう症状であることはわかると思います。しかし、その詳しい症状の中身について知っている、という方は少ないのではありませんか。実際にアトピーになっている方であれば分かるのですが、広く知られているわけではありません。

こちらではアトピーにはどのような症状があるのか、といった事をお話します。お子さんがアトピーになってしまった、という親御さんには必見のテーマですよ。

とにかく「かゆい」

・痒みが最も大きな症状である


%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%bc%e3%81%8b%e3%82%86%e3%81%84

アトピーが発症してしまうと、強いかゆみに悩まされてしまいます。アトピーになっている方は、お肌がボロボロに成ってしますよね。勝手にお肌がボロボロになって勝手に剥がれ落ちているのではありません。かきむしることで、お肌が剥がれてしまっているのです。

自身でお肌をボロボロにしてしまうほどの恐ろしい作用がアトピーにはある、といったことは理解しておかなければなりません。

・アトピーの症状の流れ


・痒みが発症してしまう

・かいてしまう

・湿疹が悪化してしまう

・さらに痒くなってしまう

さらにかいてしまう

・湿疹がさらに悪化してしまう

上記の状態が繰り返し発生してしまいます。アトピーになっている方は、狂ったようにかいているのですが、それだけ強い痒みが生じているのです。感覚的なことなのでアトピーではない方にはあまり理解してもらえない部分ではありますが、かかなければいられない、といったほどの症状です。かいてしまうのは仕方ありません。

どのような部位にアトピーが発症してしまうのか?

・赤ちゃんに発症しやすい部位とは?



上記の部位にアトピーが発症しやすい、といった特徴があります。特に耳切れの症状が起こりやすいことでも知られています。

耳切れですが、耳の付け根がただれて切れたような状態になってしまいます。赤ちゃんの耳を確認してみて耳切れの症状が起きている場合には、アトピーの可能性が極めて強くなります。

赤ちゃんのアトピーの症状ですが、赤くジュクジュクした湿疹になっているケースが多くなっています。

・子供に発症しやすい部位とは?


%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%bc%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93


肘の内側
膝の裏側

ある程度成長してからのアトピーの症状は、上記の部位に出てきやすいです。ある程度大きくなってから発症する場合も、上記の部位にアトピーが出て来やすいわけです。

症状に関しては、カサカサとしています。乾燥した湿疹が多くなってくるのです。



アトピーはなぜ痒みを発生させてしまうのか?

アトピーの症状の中で大きな問題となってしまうのが「かゆみ」です。痒くて痒くてしかたがないような状況になってしまいますよね。その状況が少しでも抑えられればだいぶ状況も変化してくると考えられるわけです。

今回は、アトピーになると何で痒みが発生してしまうのか、といったことについて明らかにします。痒みの原因を突き止めましょう。

痒みを感じるのは皮膚だけである

・皮膚だけがかゆみを感じる神経を持っている

少し意外かもしれませんが、痒みを感じるのは皮膚だけとなっているのです。確かに、内臓がかゆい、といった感覚は味わったことがありませんよね。胃が痛くなったり腸が痛くなったりすることはあります。しかし痒くなる、といった感覚はないわけです。

要は、皮膚だけが痒みを感じ取る神経を持っているのです。その神経が何らかの原因で刺激されると、かゆみを感じてしまう、といった状況が生み出されます。

痒みが発生するメカニズムとは

・マスト細胞からかゆみ成分が分泌される

皮膚に刺激があると、マスト細胞というところからヒスタミンなどの物質が分泌されるのです。ヒスタミンは非常に有名なかゆみ成分ですよね。
そのヒスタミンなどのかゆみ成分が、脳に伝わって我々はかゆいと感じてしまいます。

要は皮膚に刺激が加わると痒みになり、細胞がさらに痒みを伝える物質を分泌してしまうのです。

アトピーで痒みが発生する理由

・乾燥が大きく関わっている

アトピーのかゆみの場合は、お肌が乾燥していることが大きな原因とされています。アトピーの方はセラミド不足となっており乾燥肌になってしまいます。その結果、お肌自体のバリア機能が弱っているのです。

お肌の機能が弱っていると、そこからアレルゲン物質などが入り込みやすくなります。最近や化学物質といったものが、どんどんと入り込んできて、お肌に悪さを働いてしまうのです。

しかもアレルギー体質の方は免疫が過剰に反応してしまうこともあり、痒みなども通常よりも高まってしまいます。これがアトピーになっている方に痒みが発生するメカニズムとなっているのです。

ただし、痒みに関してはまだ分かっていないことがたくさんあるのも事実です。かゆみには謎も多いので、なかなかこれといった対策は立てられにくいわけです。もちろん保湿をすればかゆみを抑えられます。しかし、完璧な対策とはいえませんよね。

もう少し研究されるのを待ちたいところです。



え!?アトピーって遺伝するの?

アトピーの原因を考えていくと、たどり着く一つの結論が「遺伝」です。アトピーはそもそも、赤ちゃんの時に発生する確率が極めて高くなっているのです。生まれた直後にアトピーになるということは、何かしらの生活習慣がかかわっている可能性も少ないです。環境の影響を受けている可能性も少なくなっていきます。

アトピーは遺伝が強く影響しているのではないか、と考える方が実際に多いわけですが、実際にはどうなっているのでしょうか。
徹底調査してみました。

両親にアトピー体質があればアトピーになる確率はある

・ただし100%遺伝するわけではない

アトピーはある程度は遺伝することがわかっています。しかし、その確率はそれほど高いとはいえません。

・両親のうち片方がアトピー体質であるケース・・・子供がアトピーになる確率は30%ほど
・両親ともにアトピー体質であるケース・・・子供がアトピーになる確率50%ほど

要は、両親がともにアトピーであったとしても、子供がアトピーになる確率は半分なのです。必ずしも遺伝だけが関わっているわけではない、といったことは理解しておかなければなりません。

ちなみに、日本人のうちアトピー体質となっているのは、10%ほどとされています。確率的には高くはありませんが、低くもありません。中には体質的にはアトピーなのだけど、発症はしていない、といった方もいます。

妊娠中の環境もアトピーに関わってくる可能性あり

・妊娠中の食生活が子供の体質を決めてしまうことも

妊婦さんが偏食気味であった場合には、アトピーなどのアレルギー体質になってしまう可能性が出てきます。なるべくバランスの良い食事をすることが重要になってくるわけです。

魚の摂取が少ない
肉ばかり食べている
野菜の摂取量がすくない

上記のような状態におちいってしまっている場合には、早急に食生活を見直しましょう。自身に問題がこるのであればまだ納得できるかもしれませんが、子供に問題が起こってしまうのは誰も望んでいませんよね。
和食中心の生活が良い、とされていますが、あくまでバランスの良い食事を心がけましょう。野菜や果物からビタミンを摂取しましょう。お肉からタンパク質を摂取しましょう。エネルギー源となる炭水化物も摂取するのです。

バランスの悪い食事をしている方は、少しずつでも良いので改善していきませんか?



アトピーの原因ってなに?

ここで、アトピーになってしまう原因を赤ちゃんと大人の場合についてご紹介します。

また、アトピーが悪化してしまう原因もご紹介します。
心当たりのある点はありませんか?



乳幼児のアトピーの原因とは?

アトピーの発症時期は乳幼児の時とある程度成長した時に分類されています。圧倒的に多くなっているのは、乳幼児の時期に発症してしまう、といったケースです。

今回は乳幼児にアトピーが発症してしまう原因に迫ります。どういった原因からアトピーが生み出されてしまうのでしょうか。

乳幼児のアトピーの原因とは?

・遺伝

最も多い原因と考えられるのが遺伝性のものです。元々アトピー体質を持っていると、ちょっとしたことで発症してしまいます。乳幼児の時期に、そのちょっとしたことが起こってしまい発症してしまうのです。

アトピー体質を持った方は、日本人の中にも一定割合はいます。少なくはないので、我々も多少ながらも持っている可能性があるのです。
ちなみに、両親がアトピーだったとしても、子供が必ずアトピーになるわけではありません。ただなる確率はアップしてしまう、といった状態になっているのです。

・食べ物によるアレルゲン

アレルゲンを摂取してしまうことでアレルギー体質になってしまうことがあります。その結果、アトピーが発症してしまうのです。
乳幼児の時には摂取するものも限られていますが、それでも食べ物によるアレルゲンの摂取でアトピーが起こる可能性はあるのです。十分に注意してくださいね。

・環境によるアレルゲン

ダニやハウスダストといったものや鳥の糞といったものでアトピーが発症してしまうこともあります。環境による影響も色濃く受けてしまうのがアトピーです。

ダニに関してはある程度防げるかもしれません。ただし、あまりに清潔にしすぎるのも、アレルギー体質になってしまう原因、とされているのです。なかなか対処が難しいテーマとなっています。

・石鹸等でお肌のバリア機能が失われてしまう

赤ちゃんの体を洗うと気には、赤ちゃん専用のものを利用すべきです。大人の肌と赤ちゃんの肌は異なっており、ちょっとしたことでかぶれてしまいます。洗浄力が強すぎるタイプの石鹸などを使っていると、赤ちゃんのお肌のバリア機能が失われてしまうのです。

お肌のバリア機能がなくなってしまうと、アレルゲンがお肌から簡単に侵入してしまいます。そしてアトピーを引き起こしてしまうことに。

大人もお肌の機能が弱ると様々な問題が起こりますよね。赤ちゃんは特に強い影響が出やすいので注意してくだい。

大人のアトピーの原因とは

アトピーは基本的には乳幼児の時に発症します。しかし、稀に大人になってからアトピーになってしまう方もいるのです。
こちらでは、大人のアトピーはどのような原因で起こってしまうのか、といったことについて明らかにします。

大人になってからのアトピーを防ぐためにも、予防目的のために原因を知る、といったことも大切ですよ。

大人のアトピーの原因その1|不規則な生活

・バランスの悪い食事
・不規則な睡眠時間

大人のアトピーが発症する原因として、免疫システムに問題が出てくるような状況が考えられます。免疫システムは、身体に問題が発生してしまうとバランスが崩れておかしな反応をしてしまうのです。その結果、強烈なかゆみを発生させてしまうこともあります。

不規則な生活が免疫システムに大きな影響を与えています。特に注意すべきは食生活と、睡眠です。
バランスの悪い食事をしている、いわゆる偏食気味の方はアトピーになりやすいことが分かっています。他にも、不規則な睡眠時間になっている方も注意しなければなりません。寝だめもあまり良いことではありません。毎日平均的に睡眠をとることが大切なのです。

大人のアトピーの原因その2|過剰なストレス

・ストレスがお肌の状況を悪化させる

ストレスが高まってしまうと、お肌の状態が乱れてしまう、といったことが実際にあります。アトピーの原因にもストレスは密接に結びついてしまいます。

そもそも、ストレスが乱れてしまうとホルモンバランスが乱れてしまうのです。ホルモンバランスは自律神経などとも密接に結びついており、結果として免疫力の低下を招いてしまいます。

大人は、様々な原因でストレスを溜め込んでしまいます。人間関係や仕事関係、といったことで悩んでいる方も多いのではありませんか。
ストレスをゼロにするために、人間関係をなくしたり、仕事をやめたり、といったことはできないわけです。過剰なストレスを改善させるためには、周りの環境とうまく付き合っていく必要があります。ストレスフリーな1日を作る、といった事を実践するのもおすすめです。休みなどをこれでもか、と満喫すると良いでしょう。

大人アトピーの注意点

・アトピーは繰り返すものである

アトピーは症状に波があります。ひどい時もあれば、それほど問題がない時もあるのです。だからこそ原因を突き止めることはなかなか難しいです。

しかし、大人ニキビの原因を予め知っておけばうまく対処できるようになります。まずは生活環境を整えストレス対策を行って下さい。その上でアトピーに効くサプリなどの利用がおすすめです。

アトピーが悪化してしまう原因~行動~

アトピーであったとしても小康状態が続いてくれれば、それほど大きな問題は出てきません。しかし、強めの症状が出てきてしまうと、見た目的にも大きなマイナスとなってしまいます。強烈な痒みが出てくるので、生活に支障をきたしてしまうことも十分に考えられるわけです。

こちらではアトピーを悪化させないための方法を考えてみます。
なぜアトピーが悪化してしまうのか、といった事を明らかにするのです。特定の行動をすると、悪化することが分かっているので、以下を確認して気をつけて下さい。

汗をそのままにしていませんか?

・汗を拭き取らない

汗をかいたとしても、特に拭かないでそのままにしてしまっている、といった方も多いのではありませんか。汗をそのままの状態にしてしまうのはお肌の負担となってしまいます。

汗は湿気でもありますよね。湿気が大好物なのが菌なのです。汗を餌にして大量に繁殖してしまいます。その結果、お肌が不安定な状態となってしまい、炎症を引き起こしてしまうこともあるのです。痒みを発生させてしまい、かきむしってしまうこともしばしば、といった状況になってしまいます。

汗をかいたらこまめにタオルやハンカチなどで拭き取るような癖を身につけましょう。

洗浄力の強すぎるアイテムを定期的に利用している

・シャンプー
・リンス
・石鹸

上記のようなアイテムは毎日使うものでもあります。しかし、それらがお肌に対して影響を与えてしまう事があります。
そもそも、アレルギーの発し原因として乾燥があります。乾燥が痒みを発生させて皮膚をボロボロにさせてしまうこともあるのです。

洗浄力の強い上記したアイテムを利用してしまうと、毛穴の奥にある皮脂も取り去ってしまいます。皮脂は良いものではない、といった印象があるかもしれません。しかし、皮脂には保湿機能もあるので最低限は必要になってくるわけです。

洗浄力に関しては比較的弱めのものを利用する、といったこともアトピー対策の一環になります。

化粧品や洗剤との相性が良くない

・お肌に悪い状況が現れたら使わないこと

化粧品は顔に大きな影響を与えます。お肌と相性が悪ければ、お肌を痛めてしまうのです。傷んでしまったお肌はアトピーを悪化させてしまいます。

洗剤にも注意しなければなりません。衣服についている洗剤にお肌が反応してしまう、といったことも多く報告されているので、洗剤との相性、といったものにも目を向けるべきです。

アトピーが悪化してしまう原因~環境~

アトピーが悪化してしまう原因として注目して欲しいのが環境です。アトピーは遺伝的な要素もありますが、環境によっても発生してしまいます。特に、乳幼児の時ではなくある程度大きくなってから発生するアトピーに関しては環境が大きく関連しているのです。

アトピーが以前よりもひどくなってしまった、といったことで悩んでいる方は「環境」を疑ってみましょう。

こちらでは、アトピーの悪化と環境の関係性を明らかにします。

アレルゲンが近くにある生活をしている

・ダニ
・ハウスダスト
・花粉
・カビ
・犬や猫など動物の毛など

人それぞれアレルゲンとなってしまう物質は異なりますが、上記したものの中にはアトピーを実際に悪化させてしまうものも少なくありません。仮にアレルゲンの多い環境で過ごしてしまえば、アトピーは治るどころかどんどんとひどくなってしまうのです。

少しでも早く原因を突き止めて対策をたてなければなりません。対策をたてないでそのまま生活をしていると。治療を受けても中々結果が現れない、といった状況になりかねません。

問題となってくるのが、どのような対策を立てればよいのか、といったことです。以下に簡単なアレルゲンの対策方法について紹介します。

おすすめのアレルゲン対策方法

・じゅうたんやカーペットを減らすこと

じゅうたんやカーペットに関してはダニが住み着きやすくなります。ダニやカーペットの奥に入ってしまうので、掃除機でもなかなか吸い取れない、といた状態になります。
絨毯やカーペットではなく、フローリングに変えてみる、といった対策方法も考えておきましょう。

ちなみに、ウールのカーペットや混紡のカーペットを利用していませんか。それらのカーペットは湿気を吸い込みやすく、ダニにとって環境が圧倒的に良くなってしまいます。大量繁殖してしまう恐れもあるので、カーペットを利用するにしても種類には気をつけましょう。

・ペットと生活区域を分けること

最近では、ペットを室内で飼うことも多くなったので難しいかもしれませんが、やはり生活区域はなるべく分ける、といったことが重要です。ペットを飼っているとダニの発生する確率が増えます。特に散歩をしてきて、ペットの体についたままになって室内に入り込んでしまうケースが多くなっているのです。

家に入る前にブラッシングなどをして、ダニが室内に入り込まないように注意しましょう。

・衣服に花粉がつかないようにする

最近では、外出前に衣服にスプレーすることで花粉がつかない、といったものもあります。そういったアイテムを利用して、家の中に花粉が入り込まないように対処するのも一つの有効な対策方法です。

実はアトピーは花粉症が関わっていた!

アトピーと花粉症ですが、同じくアレルギー症状です。しかもその2つは密接に結びついていることも分かってきました。

今回は、アトピーと花粉症の関係性について明らかにします。どのように2つの症状は絡み合っているのでしょうか。

目の周りや鼻の周りに症状が表れやすい

・花粉症とアトピーの合併症のような症状が出てきてしまう

花粉症の症状とアトピーの症状が両方とも出てしまうと、目の周りや花の周りの症状が特にひどくなってしまうことがあります。湿疹がそれらの部位に特にひどくなってしまうのです。

花粉症になると、アトピーのかゆみ以外にも目や鼻がむず痒くなってかいてしまいます。そして湿疹が発生してしまうわけです。

・アトピーが普段ない方でも花粉の季節だけ発症するケースあり

普段はアトピーがなくて綺麗な肌をしているのに、花粉症の季節だけに症状が現れてしまう、といった方も少なくありません。花粉症をきっかけとして、アトピー性皮膚炎が出現してしまうのです。

考え方を変えれば、花粉症を改善できればアトピーも発症しない、といった状況になるわけです。例えば、早めに花粉症の薬を飲んで対策としておく、といったこともおすすめです。花粉症の程度が低ければ、アトピーの症状もある程度は抑えられます。

アトピーの方は花粉症の検査も受けるべき

・アトピーだと思ったら花粉症だった

実際に多いのが、アトピーとずっと思っていたけど、詳しく検査を受けてみたら花粉症だった、といたケースです。花粉にアレルギー反応があるかを調べれば、簡単に花粉症であるかは調べられるので一度チャレンジしてみましょう。

そもそも自分のアレルゲンを知っておく、といったことは極めて重要なのです。正しい対処方法を知ることにもつながってきます。そうすることでアレルギー症状もどんどんと楽になります。

花粉症とアトピーの合併症を緩和させる方法

・とにかく花粉対策

アトピーの症状が花粉に関わっていることが多いので、まずは花粉の摂取量を減らすことが極めて重要になります。
マスクやメガネの着用をして下さい。粘膜に花粉が付着して体内に入り込まないようにするのです。

家に帰ってきたら、衣服についた花粉を払い落としましょう。さらに洗顔やうがいも行い、すぐに着替えてしまうこともおすすめです。
部屋についてもこまめに掃除して下さい。花粉が浮遊しているような状態にしないことが大切なのです。

実は恐ろしいアトピー|合併症について

アトピーは肌に影響を与えるだけで、特に他に大きな問題はない、と思っている方は多くありませんか、もしもそう思っているのであれば大きな誤りです。アトピーを侮ってはなりません。

今回は、アトピーに起こる可能性のある合併症についてお話します。どんな合併症があるのか、ということを知っておけば少しでも早い対策ができるようになりますよ。

ヘルペスウイルス感染症が合併症として現れる可能性があり

・小さな水疱が身体のあちこちに出来る

ヘルペスウイルスといったものがあります。アトピーを持っている方は、特にヘルペスがひどく出てしまうケースが多く報告されているのです。アトピー自体が皮膚の疾患でもあるので、ウイルスが入り込みやすい、といったことも考えられます。

ヘルペスに関しては、ピリピリとした痛みが発生してしまうこともあるので比較的気づきやすいかもしれません。

治療方法もあるのでそれほど心配はありません。出来てしまったら医療機関で適切な処置を受ければよいのです。治療に関しては「アシクロビル」といった医薬品が用いられます。抗ウイルス薬です。

・ヘルペスの注意点

ヘルペスができているのに、アトピー治療薬であるステロイド剤を利用してしまうと、さらに悪化してしまう恐れもあるのです。

アトピーは痒みがあるもので痛みはそれほどありません。痛みが出てしまった場合には、ヘルペスを疑って医療機関で診てもらいましょう。

アトピー性白内障になってしまう可能性あり

・アトピーによって目をかいてしまうことにより発症するケースあり

目の周りにアトピーが出来てしまうと、どうしてもかいてしまいます。そして目を傷つけてしまうことが分かっているのです。

白内障になってしまうと視力低下も招いてしまいます。基本的には高齢の方に発生しやすい病気でもありますが、若年層にも発症する可能性があるので、若いからと思って慢心しないで下さい。

白内障ですが、目のかすみがあったり光を眩しく感じたりする様になります。ぼやけて見えるような症状が出たり、ものが二重や三重に見えたりしてしまうことも少なくありません。一つでも症状が当てはまったアトピーの方は、合併症を疑いましょう。

重い場合には、手術で対応するケースも有ります。早期発見であれば、手術する必要はありません。



食事で出来るアトピー対策

体質は食べ物によっても大きく変化します。アレルギー体質の方は、食事内容を変えてみる、といった方法も非常に有効なのです。

今回は食事によるアトピー対策について考えてみます。どういったものを食べると症状の改善が期待できるのでしょうか、

アレルギーを起こしそうな食べ物はなるべく避けること

・牛乳
・豆類
・穀類
・魚介類など

アレルギーを起こしてしまう食材というと、いくつか思い浮かぶと思います。もちろん、それらの食べ物全てにリスクが有るわけではありません。しかし、アレルギーは急にやってきてしまうものでもあります。
アレルギーのリスクがあるものを大量に食べてしまうと、いつか体が限界を迎えてアレルギーを発生させてしまうことも考えられるわけです。

・実際にアレルギー症状が出たら避けること

アトピーが出るというよりも初期段階の症状としては、痒みや炎症、そして湿疹といったものがメインになります。それらの症状が出る食べ物は避けなければなりません。

気にせずに食べてしまうと、どんどんと症状を悪化させてしまうかもしれないのです。症状が出た食べ物は避けることが、アレルギー症状を改善させる一つの有効的な対策法になります。

なるべく和食中心にすることがアトピー対策になる!

・栄養バランスが取れている和食

皮膚の健康維持に関わっている成分といえば何があるでしょうか。ビタミンやミネラルですよね。

ビタミンやミネラルに関しては、野菜に多く含まれている、といった特徴があるわけです。だからこそ、和食中心の食生活にはアレルギー対策が出来る可能性が秘められています。

ちなみにご飯については、白米を食べている方が圧倒的だと思います。白米が行けないとはいえないのですが、実は玄米や雑穀などがおすすめです。白米にしてしまうと、栄養が取り除かれているような状態になっているわけです。本来は皮の部分に豊富なビタミンが含まれているわけですからね。

最初はなれないかもしれませんが、玄米や雑穀は食感や香ばしさもあって段々と美味しく感じるものです。積極的に栄養価の高い和食を食べて、良い栄養素を身体に入れていきましょう。

洋食はアレルギーの宝庫である

・肉アレルギー
・乳製品アレルギー

現代社会では、圧倒的に洋食が増えています。確かに、お肉には豊富な栄養素が含まれていますが、身体に対する負担も大きいのです。
アレルギーを持った食材も多く毎食食べるのは不安でしょう。

和食を中心にして時々洋食、といった状態にするのがベストですよ。

アトピーに温泉が効果を発揮する

アトピーに効果があるとされるものはたくさんあります。その中の一つとなっているのが温泉です。温泉はお肌に対して良い働きがあるとされているのですが、アトピーにはどのような効果を発揮してくれるのでしょうか。

温泉によるアトピー改善効果について徹底解説します。

温泉がアトピーに影響を与えている菌を退治してくれる

・酸性泉に効果あり

アトピー肌の方におすすめとされているのが、酸性泉です。酸性泉には殺菌作用があることでも知られており、アトピーに対して大きな影響を与えているとされる、黄色ブドウ球菌を退治してくれるのです。

黄色ブドウ球菌がお肌に増えてしまうと、アトピーが発生する確率が高まってしまいます。ですから、定期的に酸性泉を利用することで、アトピーを抑制できるチャンスが有るわけです。

・アトピーの治療に使われている温泉もある

単純温泉
炭酸水素泉
塩化物泉
硫酸塩泉
含鉄泉
硫黄泉
酸性泉
放射能泉

上記の泉質の温泉は、アトピーに対して良い効果を持っていると言われています。しかし、どの温泉でもお肌に会うとは限りません。お肌の質によっても合う合わないがあるので、いくつか試してみてお肌との相性を調べてみなければならないのです。

ちなみに最もお肌に安全性が高いとされているのが【単純温泉】です。アトピーが発症していて、温泉に入ると痛みが出てしまうのではあいか、と思っている方は単純温泉の利用から始めてみましょう。もしもお肌の状況が良くなっていけば、他の温泉にもチャレンジすればよいのです。

温泉は泉質だけではない!温度にも気をつけよう

・高温のお湯はおすすめできない

高温の温泉には様々なマイナスポイントがあります。まずお肌の保湿機能を果たしている皮脂を洗い流してしまうのです。さらに、お肌の保湿成分であるセラミドも流出させてしまうので、アトピーで悩んでいる方は温泉の温度に気をつけて下さい。

温泉の温度として適正と言われているのが、40度くらいまでのものです。比較的温泉としてはぬるいタイプでもありますが、その程度であればお肌に悪い影響を与えてしまう確率は低い、とされています。

温泉はゆっくりと効果をもたらす

・即効性はない

温泉ですが、アトピーに対してすぐに状況を良くしてくれるわけではありません。即効性はないのです。

定期的に温泉を利用して、少しずつ良い効果が現れるように粘り強く対処していきましょう。

アトピーの方は入浴方法にこだわるべき

アトピー対策の一つとして、日常生活に気をつける、というものがあります。日常生活でちょっとしたことを行えば、より高い効果が現れることも十分に考えられるわけです。

今回は、アトピーの方の入浴方法について解説します。

簡単な対策方法なので、アトピーで悩んでいる方は今日から実践してみませんか。

毎日お風呂にはいることは必須

・身体を綺麗にしなければ治療の効果が出てこない

アトピー対策クリームやステロイド剤を利用してアトピーの治療を実施している方も多いと思います。そのアトピーの治療ですが、実は肌を清潔にしたうえで実施しなければなりません。

肌に菌がいることによってアトピーの発生率が高まってしまうことも分かっているのです。黄色ブドウ球菌と言われるものですが、不潔にしていると増殖してしまいます。

毎日お風呂にしっかりと入ることで、お肌が清潔な状態になります。その清潔な状態の時にアトピー対策アイテムを利用するわけです。そうすることで治療効果が格段に高まります。

お肌の状態が気になって、お風呂に入るのを控えてしまう、といったことは行わないで下さい。

お風呂の温度は低めにすること

・炎症がひどくなってしまう可能性あり

高温のお風呂に浸かってしまうと、お肌にとって大きな負担になってしまうのです。炎症だけではなく痒みなどが強くなってしまうリスクも出てきます。

高温のお湯はお肌の保湿成分を奪ってしまいます。乾燥するとアトピーは悪化するので、なるべくぬるいお湯に浸かりましょう。

温度としては、限界は40度です。理想的には38度から39度くらいが良い、とされています。

・リラックス作用もある

お風呂の温度を低めに設定することで、心身のリラックスもできます。自律神経にも良い働きがあるとされており、アレルギー反応を抑えられる、といったケースも出てくるのです。

リラックス効果を得るためには長時間入浴も良くありません。10分程度で切り上げる、ということも覚えておきましょう。

シャンプーや石鹸の素材にも気をつけるべし

・無添加、無香料タイプがおすすめ

添加物が含まれていたり香料が含まれていたりするタイプは、どうしてもアレルギーが発生しやすくなります。ですから、含まれていないいない安全性の高いものを選択して下さい。

・洗浄力が弱めのものがおすすめ

洗浄力が低いことでお肌が守られます。洗浄力が強すぎると、角質を傷つけてしまう恐れもあるので危険性が高まってしまいます。

アトピーの女性がすべきメイク方法

アトピーで悩んでいる女性は少なくありません。しかも、女性にとって重要なお肌に損傷が出来てしまうので、やはりしっかりとした対策は行わなければなりません。

女性の場合はメイク、といったものがあります。実はアトピーに対しておすすめのメイク方法があるのです。

今回は、女性がすべきメイク方法についてお話します。

スッピンはダメ!

・メイクでお肌を守ることが大切

アトピーの女性の多くは、メイクでお肌に負担を掛けたくない、と思うかも知れません。もちろん、家の中にいる場合にはノーメイクでも問題はありません。
しかし注意して欲しいのが外出をする時です。

アトピー肌で外出をしてしまうと、紫外線に大きな影響を受けてしまうのです。しかも、アトピーであった場合には、直接お肌に悪い影響が出てしまい、アトピーが悪化してしまう可能性も少なくありません。

メイクでお肌を守ることが出来る、ということも覚えておきましょう。

メイク前の準備について

・ファンデーションを塗る前が大切

メイクをする時にはファンデーションを利用することになると思います。その時に注目して欲しいのが保湿ケアとUVケアです。このふたつを怠ってしまうと、アトピー肌が悪化する状態になりかねません。
ファンデーションを塗る前の準備が極めて重要である、といった正しい認識を持ってメイクにのぞみましょう。

ただ、注意して欲しいのが、保湿ケアとUVケアに使うアイテムです。お肌との相性が悪鋳物を利用するのは良くありません。余計にお肌に問題を与えてしまうことになるのです。

保湿ケアに関しては、なるべく自然な植物油などを利用したものを利用しましょう。

ファンデーションはどのようなものを選択すべきか?

・パウダータイプのファンデーションがおすすめ

ファンデーションにも様々なタイプのものがありますが、最もお肌に影響を与えない、とされているのがパウダータイプなのです。防腐剤なども含まれていませんし、界面活性剤も少ししか含まれていないので安全性が高いのです。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションは水っぽいので良いと思うかもしれませんが、余計な成分が多く入っておりお肌に負担をかけます。

ファンデーション一つでもアトピー肌を大きく左右するので気をつけてくださいね。

どんな漢方薬ならアトピー対策になるのか?

アトピーに対して漢方薬を用いる、といった考え方もあります。漢方薬は体質の改善にも関わってくるので、根本的なアトピー対策になることも十分に考えられるのです。しかし、どのような漢方薬を利用すればよいのか、といったことが分かりづらいですよね。

今回はアトピー対策になる漢方薬について解説します。

漢方薬を用いいたアトピー対策を考えている方は必見です。

どんな漢方薬であればアトピー対策になるのか?

・六君子湯(りっくんしとう)
・五苓散(ごれいさん)

上記の2つの漢方薬が、アトピー対策として利用される漢方薬のメインです。特にじゅくじゅくしてしまった酷いアトピーの時に処方されるケースが多いのです。
漢方は毒素を排出するような効果を持っているものもあります。アトピーも毒素がおおっきく関わっていると考えられており、上記した漢方薬でデトックスを実施するわけです。

ちなみに、毒素ということですが要は活性酸素のことを指しています。活性酸素は体を老化させてしまう物質でもあるので、習慣的に排出が出来るような体質にすることが重要なのです。

・当帰飲子(とうきいんし)

カサカサタイプのアトピーになってしまった場合には、当帰飲子(とうきいんし)と呼ばれている漢方薬を利用することになります。血流を良くして皮膚の栄養をサポートする目的を持たされています。。

・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

赤みがひどいアトピー対策として用いられます。炎症が起こっている場合には、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)の利用を考えましょう。

・逍遙散(しょうようさん)

刺激を抑える機能がある漢方薬です。アトピー肌の場合は、ピリピリとした刺激が出てしまうケースも少なくありません。痒みなどにも繋がってくるので、お肌に違和感がある方は、逍遙散(しょうようさん)の利用を計画しましょう。

漢方とアトピーに効くサプリを併用すべし

・漢方だけでは効果が出るまでに時間が掛かる

漢方は体質改善作用をメインとしています。。効果が出るまでにはかなり時間がかかってしまうのです。3ヶ月から6ヶ月以上かかることもあります。

そこでアトピー対策が出来るサプリとの併用をおすすめします。体内の栄養を高めることで、より漢方の効果が発揮しやすい状況になることも考えられるわけです。

漢方とサプリの併用も特に問題ありません。2つを併用してアトピーを改善していきましょう。

危険?安全?アトピー改善薬のステロイド外用薬の使い方

アトピー肌の改善薬として医療機関で処方されるのがステロイド系の外用薬です。ステロイド系の外用薬は、かなり効果が高く、実際にアトピー肌で悩んでいる方が利用すると、綺麗になる、といった状況になるわけです。

しかし、ステロイドに関しては問題があることでも知られています。副作用が出てしまうケースも多く報告されているのです。

こちらでは、ステロイド系外用薬の安全な使い方についてお教えします。

まずはステロイド外用薬のリスクを把握する事

・お肌に問題が発生することも

ステロイド外用薬はお肌に利用するものなので、基本的にはお肌に症状が現れてきます。体の内部に対して何かしらの悪い影響を与える、ということは考えにくいので、その点は安心して下さい。

ステロイド外用薬の副作用としては、

・にきび
・毛包炎
・多毛
・口囲皮膚炎
・皮膚の萎縮(皮膚が薄くなる)
・毛細血管拡張症(血管が浮き出てくる)

といったものがあります。

継続的に利用することで、皮膚がどんどん薄くなる、といった症状が出てくることもあるので注意しなければなりません。

ただ、ステロイドの強いタイプのものを利用しなければ、それほど副作用のリスクはない、といったことも言われているのです。

ステロイド剤の利用方法

・量や回数を守ること

多く利用してしまえば、それだけ副作用のリスクは高まってしまいます。回数も守らなければ効果が出ないこともありますし、お肌に問題が発生してしまうかもしれないのです。

・医師の指示があるまで利用すること

自己判断で、途中で利用をストップしてしまう、といったことも行わないで下さい。ステロイドによって一時的に症状が改善されたように見えるだけで、すぐに再発してしまうケースも多いのです。

途中で利用をストップしてしまうと、症状がぶり返して悪化してしまう恐れもあるので十分に気をつけてください。

・患部以外には利用しないこと

アトピー以外の肌には利用しないことです。アトピー以外の肌に利用してしまうと、なんでもないお肌に問題が生じてしまうかもしれません。炎症などが起こってしまうと、さらにお肌に悩まされてしまうことになります。

ステロイド治療薬とアトピー改善サプリの併用もおすすめ

・体質の改善も行おう

ステロイド治療に関しては、即効性があります。すぐにお肌をなんとかしたい、という場合に良い働きをしてくれるのです。
しかし、体質的なものを変えてくれることは出来ません。

そこで出番になるのがアトピー改善サプリです。サプリであれば、有効な成分を体内に効率的に入れることが可能です。体質改善も狙ってサプリを有効活用しましょう。

アトピー対策になる内服薬がこれだ!

アトピーの改善薬として知られているのが、ステロイド系の外用薬です。即効性があるので、広く利用されています。しかし、副作用もあるなど、問題点も多く指摘されているのです。

そこでチェックして欲しいのが、アトピー対策になる内服薬です。じつは、アトピー対策の医薬品に関しては、外用薬だけではありません。体の内側から対処できるのものあるのです。身体の中からアトピーをなんとかしたい、といった希望があるのであれば、内服薬の利用も前向きに検討してみるべきです。

こちらでは、どのような内服薬があるのかを紹介していきます。

抗ヒスタミン薬について

・アレルギー症状を抑えてくれる医薬品

抗ヒスタミン剤は、抗アレルギー剤とも言われているものです。アレルギー症状にはヒスタミンが関わっているのですが、そのヒスタミンを抑える効果のある医薬品となっているのです。

ヒスタミンに関しては、血管を拡張させる成分があったり神経末端を刺激したりする作用があります。

利用するとかゆみを抑える効果があるとのことで、ステロイド系の薬剤と併用するケースも有ります。併用をすることで、ステロイド外用薬の利用量を減らすことも可能なのです。

・副作用に注意すること

眠気があるとされているのです。車の運転をする場合や、仕事にも影響を与える可能性が指摘されているので注意しましょう。

ちなみに、眠気が出ないタイプの抗ヒスタミン剤も実際にあります。集中しなければならないケースが多い、という方は眠気が出ないタイプのものを処方してもらいましょう。

免疫抑制剤内服薬について

・重症の方におすすめできる医薬品

重度な炎症による湿疹が広範囲にある場合に利用されることがある医薬品です。
湿疹を早急に改善させる作用があり、さらに痒みを抑制させる効果も認められているのです。

ただし、仕様に関してはいくつかの条件があり、例えば16歳未満である方には利用できない、といったものもあります。

ステロイド系の内服薬について

・炎症を抑える作用あり

基本的に外用薬と同じような効果があります。内服系のものに関しては、全身に対して効率的に効果を与えられます。
一方で、身体の内部の副作用が出てくる恐れもあるので注意してください、

ステロイド剤には強さがランク分けされており、弱いものであれば副作用が出にくいしようとなっています。まずは弱いタイプを試してみて、様子を確認してみましょう。

アトピー対策にサプリメントがおすすめの理由

近年になって、多くのアトピーで悩んでいる方がサプリメントの利用を始めています。医薬品よりも積極的にサプリメントを利用している方が増えているのです。

こちらではアトピー対策になぜサプリメントがおすすめなのか?といったことについて徹底解説します。

自然な体質改善が出来る

・副作用を気にしなくても良い

ステロイド剤などは副作用があることでも知られています。利用すると、かえって皮膚の状況が悪化してしまう、といったことも考えられるのです。もちろん、お肌の状況がかなりひどくなっている場合には、その状況を少しでも抑えるために、アトピー対策用の医薬品を使うのもいいでしょう。しかし、小康状態の時にはサプリメントのような安全性の高いものの利用がおすすめなのです。

サプリメントに含まれている成分ですが、基本的にビタミンやミネラルといったものです。体に悪い影響を与える可能性が著しく低いものばかりなので、大きなメリットがあります。
さらに、それらの成分はお肌の状況を良くしてくれるような効果を持っているものばかりです。

そもそもアトピー対策の食事では栄養が取りきれない場合もある

・栄養不足を補うためにもサプリメントがおすすめ

アトピーになりにくいようにするために、食事にこだわっている方もいます。アレルギー系の物質を撮らないようにするわけですが、その結果、栄養にどうしても偏りが出てきてしまうのです。身体におおきな負担を与えてしまう可能性も少なからずあります。
そもそも栄養に偏りが出てしまうと、体質的にも悪化してしまうのです。アトピーの症状が出てきやすくなってしまうかもしれません。

サプリメントであれば、その偏った栄養バランスを改善してくれます。ビタミンが足りなければビタミンを摂取すればよいのです。アミノ酸が足りなければアミノ酸を取ればよいのです。

ちなみに、最近ではアトピー改善のためのサプリメントも販売されています。アトピーに効果的な成分も含まれているので、治療的な目的としても利用できる状況になっているのです。今後も多くの方が利用していくと考えられているので、試しに一度利用してみる、といったこともおすすめですよ。

ちなみに海外産のサプリメントもありますが、飲みづらいといったデメリットも有るので、注意してくださいね。

アトピーに効くサプリメントの成分

これらの、「アトピーに効く成分」をすべて含んだサプリメントがこれです!



アトピー対策サプリの成分|ビタミンB群

アトピー対策には体の内側から作用するサプリメント対策が非常に有効であることが、専門家からも指摘され始めています。そこで注目していきたいのが、どのような成分が含まれているサプリメントが良いのか?ということです。

今回がアトピー対策サプリメントによく入っている「ビタミンB群」についてお話します。実際にどの程度の効果があると考えられるのでしょうか。そもそもどのような効果があるからサプリメントに含まれているのでしょうか?
徹底解説します。

ビタミンB12に注目

・一酸化窒素を除去してくれる機能あり

ビタミンB12に関しては、素晴らしい機能があることが広く知られています。その機能ですが、一酸化窒素を除去するというものです。

一酸化窒素がアトピーに炎症に大きく関わっていることが分かっています。炎症を悪化させてしまうおそれがあるのです。

アトピーの治療にはビタミンB12が1,000マイクログラムも必要、と言われているのです。それほどの量は食事で摂取するのは難しいです。ですから、サプリメントで摂取しなければなりません。

ビタミンB5に注目

・代謝機能を高め有害物質の解毒作用もあり

アトピーでよく発生するのはヘルペスです。アトピーを悪化させてしまう恐れもあるので気をつけなければなりません。

ビタミンB5には代謝機能を高めお肌を清浄化してくれる機能があります。さらに、体内の有害物質を解毒して中和してくれるような機能も期待されているのです。サプリメントで積極的に摂取したい成分です。

ビタミンB1に注目

・ステロイド剤と似た作用あり

ステロイド剤には、副腎皮質ホルモンを作る働きをサポートする機能があります。実は。その機能と同じようなものがビタミンB1にも認められています。

ステロイド剤には副作用があるわけですが、ビタミンB1には大きな副作用が起こる心配はありません。安心して利用できるメリットもあります。

ちなみに、ビタミンCと一緒に摂取するのがおすすめとされている点についても付記しておきます。

ビタミンB2に注目

・ビタミンB2が不足すると皮膚に問題が発生する

ビタミンB2は不足してはいけないビタミンです。皮膚炎が起きやすくなったり舌炎も起きやすくなったりします。

アトピーでよく発生するのが赤ら顔ですが、ビタミンB2を摂取することで改善するケースが多くなっているのです。
ちなみにビタミンB2は水溶性なので、多少多めに摂取したとしても問題はありません。

アトピー対策サプリの成分|ビタミンC

アトピー対策サプリの中によく含まれている成分として注目して欲しいのが「ビタミンC」です。ビタミンCといえば、お肌に良い働きをしてくれる成分として広く知られています。

こちらでは、そのビタミンCにはアトピーに対してどのような働きが期待できるのか、といったことについて徹底解説します。アトピー対策をしっかりと行いたい、と思っている方は必見です。

活性酸素を取り除いてアトピーを軽減してくれる

・皮膚のバリア機能を高めてくれるビタミンC

アトピーになってしまうと、お肌のバリア機能といったものがなくなってしまいます。バリア機能をしっかりと高めておくことがアトピー対策に必要不可欠なのです。
そこで注目して欲しいのがビタミンCの働きです。ビタミンCに関しては、強い抗酸化作用があることでも知られています。皮膚のバリア機能を低下させてしまうものに、活性酸素があるのですが、その活性酸素を取り除くような効果まで期待できるのです。

活性酸素はお肌の老化にも大いに関わっているので、お肌のアンチエイジング効果、といったものも得られると考えられています。

副腎皮質ホルモンを作り出す機能もある

・体内にステロイドを作り出してくれる

アトピーに効果があるものといえば、ステロイドがあります。しかし、ステロイド剤は様々な副作用があるので、長期的に利用するのは難しいとされています。
実は、ビタミンCには副腎が副腎皮質ホルモンを分泌するサポートをしてくれることも分かっています。

副腎皮質ホルモンですが、要はステロイドのことを指しているのです。ステロイドと聞くと危険と思うかも知れませんが、体内で作り出されるものなので、医薬品お様な副作用を心配する必要は全くありません。安心・安全な物質を作り出す機能がビタミンCにはあるのです。

マルチビタミンによる摂取も大丈夫なのか?

・問題無いが量が少ない可能性あり

マルチビタミンにも、ビタミンCは配合されています。しかし、マルチビタミンに含まれているビタミンCの容量が少ない可能性も指摘されています。
ビタミンCをしっかりと摂取したいのであれば、単体のサプリメントを利用したり、アトピー対策専門のサプリメントを活用するのがおすすめです。

アトピー対策サプリの成分|ビタミンD3と亜鉛

アトピーに効果的な成分を知ることで、どのような成分を意識して摂取すればお肌に対して良い効果がもたらされるのかを知ることにもつながってきます。しかも、それらの成分はアトピー対策サプリメントに含まれているケースも少なくありません。

成分の効果も把握しておけば、より良いアトピー対策サプリメントを選ぶことも出来るようになります。

今回は、アトピー対策サプリによく含まれている「ビタミンD3」と「亜鉛」について解説します。どのような効果が期待できる成分なのでしょうか。

ビタミンD3に期待できるアトピー対策系効果とは?

・アトピー改善作用が期待できる

ビタミンD3自体は身体に日光を当てることによって、体内で変化する機能を持っています。ビタミンDを摂取し、その上で日光を浴びると良い効果があらわれるようになるのです。

注目して欲しいのがビタミンD3に関しては、骨粗しょう症やがんの予防、さらに不眠症などの改善も期待できる、ということです。身体の根幹の部分にしっかりと対応してくれる素晴らしい成分なのです。

ビタミンD3は大量に体内にあるものではありませんが、だからこそ不足しないように気をつけなければなりません。特に、日差しをあまり浴びていない、という方は、サプリメントで積極的に摂取することをおすすめします。

亜鉛に期待できるアトピー対策系効果とは?

・皮膚の修復機能あり

亜鉛は身体にとって必要不可欠な存在です。特に注目して欲しいのが、皮膚のコラーゲンの生成です。我々の皮膚にはコラーゲンがあるわけですが、その生成には亜鉛が関わっています。仮に、亜鉛不足の状態になってしまうと、アトピーで傷んでしまった皮膚がなかなか修復されない、といった状態になってしまうのです。
さらにコラーゲンは保湿にも関わっており、乾燥タイプのアトピーの方は亜鉛を積極的に摂取すべきです。

亜鉛には免疫力を高める効果も期待できます。
アトピーになりやすい方は、どうしてもヘルペスといったものや水いぼといったものができやすくなっています。要は、皮膚病にかかりやすい状態となっているのです。
アトピーと併発してヘルペスや水いぼになっているという方は、積極的に亜鉛を摂取して下さい。お肌の状態が圧倒的に良くなる可能性もあります。

ちなみに、亜鉛だけではなく銅も一緒に取るのがおすすめです。亜鉛と銅は連動しており、亜鉛不足の場合は、銅不足の可能性も高いからです。

アトピー対策サプリの成分|乳酸菌とビオチン

アトピーを改善させる機能があるとされる成分には、「乳酸菌」と「ビオチン」があります。こちらではそれらの成分が、実際にどのような働きをしてくれるのか?ということについて徹底解説します。

しっかりとしたアトピー対策を行いたい、と思っている方は必見です。

乳酸菌がアトピーにもたらす効果とは?

・腸内環境を良くした結果、お肌が綺麗になる

腸内環境とお肌が連動していることは多くの方が知っているはずです。そもそも、腸から栄養が吸収され、全身に栄養を運ぶわけです。お肌の栄養を得て生成されているので、腸内環境が良くなれば、お肌が綺麗になる可能性は格段に高まります。

乳酸菌は善玉菌です。腸内ですが、善玉菌が悪玉菌に負けてしまうことで、非常に悪い状態になってしまうことも考えられいます。腸内環境が悪化すると、便秘になってしまったり、下痢になってしまったりすることも少なくありません。

定期的に善玉菌を補給して、腸内環境を整えてやることが大事なのです。

・菌の侵入を抑えてくれる

腸内は免疫にも大きく関わっています。免疫システムの問題でアトピーになってしまうケースも有るので、乳酸菌で腸の状態を整えて、アトピーが発症するのを抑えることも可能です。

腸にはたくさんの免疫細胞があり、活性化すれば菌の侵入も抑えられるというものです。

ビオチンがアトピーにもたらす効果とは?

・かゆみを抑えてくれる効果が期待できる

ビオチンに関しては、炎症を抑える機能が期待されています。さらに、化学物質の生成を阻害する働きもあるのです。

ビオチンが入っているサプリメントを利用することで、血管を強くすることも可能です。血管が強くなれば、それだけ皮膚に栄養が届きやすくなり、新しい皮膚の生成も出来るようになります。アトピーで損傷してしまったお肌であったとしても、ビオチンを摂取しておけば、かなり早い段階で改善する可能性がある、ということでもあるのです。

アトピーでお肌がボロボロに成ってしまった場合、治るのに時間がかかってしまう方も少なくありません。そういった方は、アトピー対策サプリなどで積極的にビオチンを身体に取り込みましょう。
お肌の修復が早く行われるようになれば、気持ち的にもずいぶんと楽になります。