アトピーについて

え!?アトピーって遺伝するの?

アトピーの原因を考えていくと、たどり着く一つの結論が「遺伝」です。アトピーはそもそも、赤ちゃんの時に発生する確率が極めて高くなっているのです。生まれた直後にアトピーになるということは、何かしらの生活習慣がかかわっている可能性も少ないです。環境の影響を受けている可能性も少なくなっていきます。

アトピーは遺伝が強く影響しているのではないか、と考える方が実際に多いわけですが、実際にはどうなっているのでしょうか。
徹底調査してみました。

両親にアトピー体質があればアトピーになる確率はある

・ただし100%遺伝するわけではない

アトピーはある程度は遺伝することがわかっています。しかし、その確率はそれほど高いとはいえません。

・両親のうち片方がアトピー体質であるケース・・・子供がアトピーになる確率は30%ほど
・両親ともにアトピー体質であるケース・・・子供がアトピーになる確率50%ほど

要は、両親がともにアトピーであったとしても、子供がアトピーになる確率は半分なのです。必ずしも遺伝だけが関わっているわけではない、といったことは理解しておかなければなりません。

ちなみに、日本人のうちアトピー体質となっているのは、10%ほどとされています。確率的には高くはありませんが、低くもありません。中には体質的にはアトピーなのだけど、発症はしていない、といった方もいます。

妊娠中の環境もアトピーに関わってくる可能性あり

・妊娠中の食生活が子供の体質を決めてしまうことも

妊婦さんが偏食気味であった場合には、アトピーなどのアレルギー体質になってしまう可能性が出てきます。なるべくバランスの良い食事をすることが重要になってくるわけです。

魚の摂取が少ない
肉ばかり食べている
野菜の摂取量がすくない

上記のような状態におちいってしまっている場合には、早急に食生活を見直しましょう。自身に問題がこるのであればまだ納得できるかもしれませんが、子供に問題が起こってしまうのは誰も望んでいませんよね。
和食中心の生活が良い、とされていますが、あくまでバランスの良い食事を心がけましょう。野菜や果物からビタミンを摂取しましょう。お肉からタンパク質を摂取しましょう。エネルギー源となる炭水化物も摂取するのです。

バランスの悪い食事をしている方は、少しずつでも良いので改善していきませんか?