アトピーについて

アトピーってそもそも何なの?

アトピーは子供だけではなく、大人でもなってしまうものです。急に出てきてしまう可能性もあるので、注意しなければなりません。
そもそもアトピーはお肌に損傷を与えてしまいます。見た目にも大きな影響を与えてしまうのです。

今回はそもそもアトピーとは一体どのようなものなのか?といったことについて明らかにしていきます。アトピーになってしまったとしても、しっかりと理解していれば恐れることはありません。あとは対策方法を考えていけば良いのです。

アトピー性皮膚炎ってなんだ?

・皮膚の疾患である

申込し詳しく説明すると、「痒みを伴う湿疹が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、長期的に続く皮膚の疾患」となります。注目して欲しいのが、「痒みを伴う」「長期的に続く」といったところです。

単に湿疹があるだけではなく、痒みが発生するので皮膚に影響を与えてしまうのです。ひどい状態になっている方も少なくありませんよね。さらに、一過性のものではありません。一度アトピー性皮膚炎になってしまうと、長期的に続いてしまうのです。

・アトピーの程度とは?

乳児期に2ヶ月以上痒みのある湿疹が続いている
乳児行き以降であれば6ヶ月以上痒みのある湿疹が続いている

上記の2つのいずれかに該当した場合はアトピーと判断されます。

アトピー性皮膚炎はアレルギーなのか?

・アレルギーの一種と考えられている

アトピー性皮膚炎はアレルギー性鼻炎や食物アレルギーなどと同じく、アレルギーの一つとして考えられています。
ただし、アレルギー以外の部分も関わっているとされているので、なかなか考え方として難しい、といった特徴を持っているのです。

アレルギーが原因であった場合には、ダニや食べ物といったものが関わっている可能性があります。さらに花粉などが関わっている可能性もあり、環境に大きく影響を受けます。

一方でアレルギーが原因出なかった場合には、ちょっとした乾燥や冷たい風が皮膚に当たる、といったことでもアトピーになると考えられています。衣類の素材やストレスが関わっていることもある、とされているのです。

アトピーについては人それぞれ様々な原因が考えられており、すぐに解決できるものではない、というのが正直なところです。