アトピーについて

アトピーってどんな症状なのか

アトピー性皮膚炎ですが、肌に大きな損傷を与えてしまう症状であることはわかると思います。しかし、その詳しい症状の中身について知っている、という方は少ないのではありませんか。実際にアトピーになっている方であれば分かるのですが、広く知られているわけではありません。

こちらではアトピーにはどのような症状があるのか、といった事をお話します。お子さんがアトピーになってしまった、という親御さんには必見のテーマですよ。

とにかく「かゆい」

・痒みが最も大きな症状である

アトピーが発症してしまうと、強いかゆみに悩まされてしまいます。アトピーになっている方は、お肌がボロボロに成ってしますよね。勝手にお肌がボロボロになって勝手に剥がれ落ちているのではありません。かきむしることで、お肌が剥がれてしまっているのです。

自身でお肌をボロボロにしてしまうほどの恐ろしい作用がアトピーにはある、といったことは理解しておかなければなりません。

・アトピーの症状の流れ


・痒みが発症してしまう

・かいてしまう

・湿疹が悪化してしまう

・さらに痒くなってしまう

さらにかいてしまう

・湿疹がさらに悪化してしまう

上記の状態が繰り返し発生してしまいます。アトピーになっている方は、狂ったようにかいているのですが、それだけ強い痒みが生じているのです。感覚的なことなのでアトピーではない方にはあまり理解してもらえない部分ではありますが、かかなければいられない、といったほどの症状です。かいてしまうのは仕方ありません。

どのような部位にアトピーが発症してしまうのか?

・赤ちゃんに発症しやすい部位とは?



上記の部位にアトピーが発症しやすい、といった特徴があります。特に耳切れの症状が起こりやすいことでも知られています。

耳切れですが、耳の付け根がただれて切れたような状態になってしまいます。赤ちゃんの耳を確認してみて耳切れの症状が起きている場合には、アトピーの可能性が極めて強くなります。

赤ちゃんのアトピーの症状ですが、赤くジュクジュクした湿疹になっているケースが多くなっています。

・子供に発症しやすい部位とは?


肘の内側
膝の裏側

ある程度成長してからのアトピーの症状は、上記の部位に出てきやすいです。ある程度大きくなってから発症する場合も、上記の部位にアトピーが出て来やすいわけです。

症状に関しては、カサカサとしています。乾燥した湿疹が多くなってくるのです。