アトピーについて

アトピーになりやすい人とは?

アトピーになりやすい人もいれば、なりにくい人もいます。では、実際にどのような人がアトピーになりやすいのでしょうか。

家族にアトピー性皮膚炎の人がいて自分もなるのではないか、と思っている方もいるでしょう。こちらで確認していってくださいね。

アレルギー体質である

・家族にアレルギー体質の人が言えるとアトピーは発症しやすい

アトピーに関しては大人になってから発症するケースも有りますが、基本的に赤ちゃんの時や子供の時に発症しているのです。要は先天的になりやすい体質、といったものがあると考えられるのです。

親や兄弟がアレルギー体質であれば、アトピーになる確率が高まってしまいます。

注意して欲しいのが、家族にアトピー性皮膚炎の人がいたらアトピーになりやすい、というわけではないところです。アレルギー体質の家族がいた場合にアトピーが発症しやすい、といった特徴があります。

たとえば、親が花粉症であった場合、食物アレルギーがあった場合に関しては、子供にアトピーが発症する確率が出てくる、というわけなのです。アレルギー体質が引き継がれてしまうことで、アトピーの発症率が高まる、といったことは理解しておかなければなりません。

親御さんは自身にアレルギーが有る場合には、子供にも影響が出てくる可能性がある、といったことは理解しておく必要があります。肌などを定期的にチェックして、問題があった時にすぐに対処できるようにしましょう。

ストレスが高まりやすい

・ストレスは免疫システムに問題を生じてしまう

アレルギーは免疫の疾患でもあります。免疫が誤作動を起こしてしまい、鼻水が止まらなくなってしまったり、くしゃみが止まらなくなってしまったり、鼻が詰まりっぱなしになってしまうのがアレルギー性鼻炎です。また、免疫疾患の一つには円形脱毛症もあります。身体に対して重要な働きをしている免疫に問題が発生してしまうと大変な状態になってしまうわけです。

その免疫システムですが、実はストレスによって影響を受けることが分かっています。ストレスが高まっている状態が長期化してしまうと、免疫疾患が起きやすいのです。ですから、ストレスが高まりやすい方はアトピーになりやすい条件が揃っている、といったことがいえます。