アトピーについて

アトピーはなぜ痒みを発生させてしまうのか

アトピーの症状の中で大きな問題となってしまうのが「かゆみ」です。痒くて痒くてしかたがないような状況になってしまいますよね。その状況が少しでも抑えられればだいぶ状況も変化してくると考えられるわけです。

今回は、アトピーになると何で痒みが発生してしまうのか、といったことについて明らかにします。痒みの原因を突き止めましょう。

痒みを感じるのは皮膚だけである

・皮膚だけがかゆみを感じる神経を持っている

少し意外かもしれませんが、痒みを感じるのは皮膚だけとなっているのです。確かに、内臓がかゆい、といった感覚は味わったことがありませんよね。胃が痛くなったり腸が痛くなったりすることはあります。しかし痒くなる、といった感覚はないわけです。

要は、皮膚だけが痒みを感じ取る神経を持っているのです。その神経が何らかの原因で刺激されると、かゆみを感じてしまう、といった状況が生み出されます。

痒みが発生するメカニズムとは

・マスト細胞からかゆみ成分が分泌される

皮膚に刺激があると、マスト細胞というところからヒスタミンなどの物質が分泌されるのです。ヒスタミンは非常に有名なかゆみ成分ですよね。
そのヒスタミンなどのかゆみ成分が、脳に伝わって我々はかゆいと感じてしまいます。

要は皮膚に刺激が加わると痒みになり、細胞がさらに痒みを伝える物質を分泌してしまうのです。

アトピーで痒みが発生する理由

・乾燥が大きく関わっている

アトピーのかゆみの場合は、お肌が乾燥していることが大きな原因とされています。アトピーの方はセラミド不足となっており乾燥肌になってしまいます。その結果、お肌自体のバリア機能が弱っているのです。

お肌の機能が弱っていると、そこからアレルゲン物質などが入り込みやすくなります。最近や化学物質といったものが、どんどんと入り込んできて、お肌に悪さを働いてしまうのです。

しかもアレルギー体質の方は免疫が過剰に反応してしまうこともあり、痒みなども通常よりも高まってしまいます。これがアトピーになっている方に痒みが発生するメカニズムとなっているのです。

ただし、痒みに関してはまだ分かっていないことがたくさんあるのも事実です。かゆみには謎も多いので、なかなかこれといった対策は立てられにくいわけです。もちろん保湿をすればかゆみを抑えられます。しかし、完璧な対策とはいえませんよね。

もう少し研究されるのを待ちたいところです。