アトピーの原因

乳幼児のアトピーの原因とは?

アトピーの発症時期は乳幼児の時とある程度成長した時に分類されています。圧倒的に多くなっているのは、乳幼児の時期に発症してしまう、といったケースです。

今回は乳幼児にアトピーが発症してしまう原因に迫ります。どういった原因からアトピーが生み出されてしまうのでしょうか。

乳幼児のアトピーの原因とは?

・遺伝

最も多い原因と考えられるのが遺伝性のものです。元々アトピー体質を持っていると、ちょっとしたことで発症してしまいます。乳幼児の時期に、そのちょっとしたことが起こってしまい発症してしまうのです。

アトピー体質を持った方は、日本人の中にも一定割合はいます。少なくはないので、我々も多少ながらも持っている可能性があるのです。
ちなみに、両親がアトピーだったとしても、子供が必ずアトピーになるわけではありません。ただなる確率はアップしてしまう、といった状態になっているのです。

・食べ物によるアレルゲン

アレルゲンを摂取してしまうことでアレルギー体質になってしまうことがあります。その結果、アトピーが発症してしまうのです。
乳幼児の時には摂取するものも限られていますが、それでも食べ物によるアレルゲンの摂取でアトピーが起こる可能性はあるのです。十分に注意してくださいね。

・環境によるアレルゲン

ダニやハウスダストといったものや鳥の糞といったものでアトピーが発症してしまうこともあります。環境による影響も色濃く受けてしまうのがアトピーです。

ダニに関してはある程度防げるかもしれません。ただし、あまりに清潔にしすぎるのも、アレルギー体質になってしまう原因、とされているのです。なかなか対処が難しいテーマとなっています。

・石鹸等でお肌のバリア機能が失われてしまう

赤ちゃんの体を洗うと気には、赤ちゃん専用のものを利用すべきです。大人の肌と赤ちゃんの肌は異なっており、ちょっとしたことでかぶれてしまいます。洗浄力が強すぎるタイプの石鹸などを使っていると、赤ちゃんのお肌のバリア機能が失われてしまうのです。

お肌のバリア機能がなくなってしまうと、アレルゲンがお肌から簡単に侵入してしまいます。そしてアトピーを引き起こしてしまうことに。

大人もお肌の機能が弱ると様々な問題が起こりますよね。赤ちゃんは特に強い影響が出やすいので注意してくだい。