アトピーの原因

実はアトピーは花粉症が関わっていた!

アトピーと花粉症ですが、同じくアレルギー症状です。しかもその2つは密接に結びついていることも分かってきました。

今回は、アトピーと花粉症の関係性について明らかにします。どのように2つの症状は絡み合っているのでしょうか。

目の周りや鼻の周りに症状が表れやすい

・花粉症とアトピーの合併症のような症状が出てきてしまう

花粉症の症状とアトピーの症状が両方とも出てしまうと、目の周りや花の周りの症状が特にひどくなってしまうことがあります。湿疹がそれらの部位に特にひどくなってしまうのです。

花粉症になると、アトピーのかゆみ以外にも目や鼻がむず痒くなってかいてしまいます。そして湿疹が発生してしまうわけです。

・アトピーが普段ない方でも花粉の季節だけ発症するケースあり

普段はアトピーがなくて綺麗な肌をしているのに、花粉症の季節だけに症状が現れてしまう、といった方も少なくありません。花粉症をきっかけとして、アトピー性皮膚炎が出現してしまうのです。

考え方を変えれば、花粉症を改善できればアトピーも発症しない、といった状況になるわけです。例えば、早めに花粉症の薬を飲んで対策としておく、といったこともおすすめです。花粉症の程度が低ければ、アトピーの症状もある程度は抑えられます。

アトピーの方は花粉症の検査も受けるべき

・アトピーだと思ったら花粉症だった

実際に多いのが、アトピーとずっと思っていたけど、詳しく検査を受けてみたら花粉症だった、といたケースです。花粉にアレルギー反応があるかを調べれば、簡単に花粉症であるかは調べられるので一度チャレンジしてみましょう。

そもそも自分のアレルゲンを知っておく、といったことは極めて重要なのです。正しい対処方法を知ることにもつながってきます。そうすることでアレルギー症状もどんどんと楽になります。

花粉症とアトピーの合併症を緩和させる方法

・とにかく花粉対策

アトピーの症状が花粉に関わっていることが多いので、まずは花粉の摂取量を減らすことが極めて重要になります。
マスクやメガネの着用をして下さい。粘膜に花粉が付着して体内に入り込まないようにするのです。

家に帰ってきたら、衣服についた花粉を払い落としましょう。さらに洗顔やうがいも行い、すぐに着替えてしまうこともおすすめです。
部屋についてもこまめに掃除して下さい。花粉が浮遊しているような状態にしないことが大切なのです。